2013年02月24日

太陽電池グッズの傾向と対策^ ^;

 震災以降?ドコモのソーラー充電パネルなどなど、で発電することに目覚めた方もにわかにいらっしゃる模様ですヽ(´ー`)ノ。

 ただ、わたくしの様に一切出費せずジャンク+自作だけでまかなおう、という方はやはりマイノリティとなってから久しいので本当に寂しい限り(ノv゚o)。

 ホンネとしては我が国の自作派増に 1ppm でも良いので貢献したいところではありますが、不肖昔は東通工の能力ではとても低レベルすぎて力及ばず、歯がゆい思いをかみしめている日曜のブランチタイムだったりして┐(´ー`;)┌(執筆時点の時刻がブランチに最適でした、というオハナシ)。

 思えば我が国の電卓戦争も終結に近づいた折りだったでしょうか、ふと気づくと自作に目覚めてしまったのは遙か昔のエピソードに(干支が何度まわったかは調べればすぐ解ります)。

 その当時とは異なり、各種部品屋などの通販、ホームセンタや \100 均一ショップの全国的な台頭で、材料入手(\100 均の場合はダメもとを含む)には事欠かない時代になったのに、なんだろうなぁという感じがしないでもありません。

 したがって昔は東通工の出来る範囲で尽力したいと思います(ボカスカ)。

太陽電池IV図.GIF
※太陽電池の特性

 上図はありがちな太陽電池の特性図です。わたくしの脳内ライブラリからの引用で(わけわかめ)若干不正確かもしれませんが、おおよそこんな感じと思っていただければ、と言うイメージ図であるという言い訳をしておきましょう。

 太陽電池をうまく活用するにはちょうど図中、緑色で塗りつぶされた面積を最大に保つということに尽きます。
 市販されているパネル又は単体の電池には、スペックとして図中にもある「短絡電流・解放電圧・最大出力」などがそれぞれ記載されているのではないでしょうか。

 いずれにしても最大出力時における最大電流及び、最大電圧は開放・短絡時のそれよりずっと低くくなる(太陽電池の内部抵抗値が高いため)ことに特に気を付けるのがポイント。
 ちょうどこのときの電圧・電流の積が、最大出力(W)と言う理屈です。

 おそらく小学高学年でもわかるベル(ボカスカ)なので、こんなことを書いていると昔は東通工はネット上なら Disってもイイくらいアホだ、ということがバレてしまうのでこれくらいでご勘弁を^ ^;。

 とにかく、これをうまくこなして最大出力点付近で活用しないと、太陽電池の発生するエネルギーをうまく取り出せなくなってしまいます。

 この程度の能書きで本家サイト記事にするのは忍びないので、当ブログの子ネタとしました^ ^;。

 「こんなのジョーシキだよ!」、とお感じになられた方。役立たずネタで申し訳ありませんでした(o゚v゚;)∩アセアセ。
posted by 昔は東通工 at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子工作・実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

祝・ロケショーにネタ採用 2nd

 さきほど J-WAVE@ロケットマンショーで、わたくしの投稿がロケ兄に読まれてしまいました。

 また前回のネタ採用時に JFL 系と誤報を書いてしまいましたが、J-WAVE@Sky tree のみという関東ローカル番組であることが判明(ボカスカ)。全国の皆様、大変失礼いたしましたm(_ _)m。

 今回のネタはターンテーブルのストロボライトの役割について、です^ ^;。レコードプレーヤ(ダイレクトドライブ等、高級品に限る)のターンテーブル側面についている、白黒溝(互い違いに 4 列ある)の件です。

 オーディオマニアや音楽関係者には言うまでもない件なのですが、やはり生放送で読まれるドキドキ感というのは格別ですね。ハガキ職人さんの気持ちが分かってきたような気がします^ ^;。

 今回は偶然 IC レコで録音していましたので、明日起床してからまたゆっくりチェック。では皆様 Good day! XD
posted by 昔は東通工 at 04:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

一方向リピータ+ハングタイム付安定版

 今さらですがごく僅かな頭切れ(たぶん 50〜100msec 以下)の解消と、更なる安定動作を狙って改良に改良を重ねて参りました。

FIRE-LINK+HANGV40.GIF
一方向リピータ+ハングタイム付

 結局ハングタイムを設けるための回路はオーソドックスなタイマ IC である、NE555 を用いて COS から拾った信号を遅延させるものになっています。
 ただこの IC のトリガ入力は一瞬だけグランドレベル(待機時は +5V にプルアップ)に、落としてやる必要があるためワンショットパルスを得るのに Q1 で兼用しています。

 ちょうど COS の立ち下がり時に Q1 を ON して、R3 を介して +5V にプルアップされている NE555 の 2 ピン(トリガ入力)を GND に落としてトリガする動作となっています(大昔プッシュ式メカ SW でラーメン・タイマとかつくった人も多いのでは!?<昭和くさい製作記事の典型 )。

 相当単純な回路ですが正解?にたどりつくまで、遠回りをしてしまったようです(ボカスカ)。以前の汎用ロジックのみを用いた回路では、僅かながらに頭切れが増える(ハングタイムなし回路と比較して)問題がありました。

 これに対処するため COS をまず 4011 のあまったゲートでバッファしてから、後段の各回路に信号を渡すようにして解消しました。なぜこんな基本的なことを忘れていたのでしょうか^ ^;。

 NE555 については言うまでもないと思いますがこの回路では、C2・D3・Q1 で構成されたワンショットパルス回路がポイントになっています。
 ただし +5V にプルアップされているトリガ端子を、一瞬だけグランドに落とす動作なのでこの場合はアウト・パルスというのが正しいのでしょう。

 ジャンク基板を流用したため Q1 には NPN Tr を用いていますが、あまっている 4011 の 4 個目のゲートでも動作すると思います(未検証)。ただしその場合は NE555 の仕様上プルアップ抵抗は不要。

 また VR1 で少しだけハングタイムを調整できるようにしてみました。これも間に合わせのジャンクなので調整範囲が狭いですが、数百 kΩの B カーブを用いればそれなりの可変幅になるでしょう。

 汎用ロジックで組んだ回路と異なり、相当広い範囲でハングタイムを設定することが可能。ただ数分とかわけわかめな設定はハングタイムが完了する頃に、カップラーメンができてしまうのでさすがに不要でしょう┐(´ー`;)┌。

 逆に最低でも 250msec くらいはとらないとス、ケルチ断続時の頭切れを解消できないのでこれ以下は推奨しません。

 とくに通話目的ではないので 2 秒前後を目安に、使いやすい値を導き出してみてください。

 昔話で恐縮ですが頭切れの少なさ、音質、使い勝手どれをとってもやはり旧マランツ製品の X-BAND リピータユニットは最強で、機能的にそれが最終目標でした^ ^;。(ハングタイムも ON/OFF できて至れり尽くせりだった)

 電源電圧は +5V 専用なのでリグの電源などと共用する場合、必ず三端子レギュレータなどで +5V に落としてご使用下さい(マイク端子からかっぱらうとか、USB に寄生するのも可。ただし USB バスパワーはノイズだらけなこともあるので注意)。
 高い電圧で IC 自体は動作してもタイマ回路の時定数が狂うので +5V 動作は必須なのです(ハングタイムが極端に短くなります)。

 最後に R6 は使用する送信用リグのメーカにあわせて適宜変更されてください。送信用リグには必ずダミーロードを接続しムダな電波を発射しないよう、心がけていただければと思います。

 言うまでもありませんがまっとうなアマチュア業務の中継に使用するのなら、電波の発射は問題ありませんヽ(´ー`)ノ。本物ぽいレピータでもつくると楽しいかも知れませんよ!?。
posted by 昔は東通工 at 18:04 | Comment(0) | 電子工作・実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

明治時代の古地図でイメージトリップ

 最近気づいたら我々の血税を使って、下記のようなサイトがオープンしていました^ ^;。

http://habs.dc.affrc.go.jp/index.html

 これは明治初期から中期にかけて、近代測量により作成された地図をデータ化したもので、比較的軽い動作で閲覧できます。
 また検索するとすぐわかりますが、ぐるぐる・アースにもネットワークリンク(レイヤの一部)として表示させることも可能。

 眺めているだけではつまらないので、さっそく私がよくポタリングする範囲の地図をダウンロード/加工し、ハンディ GPS 受信機に転送してみました。

ポタ用古地図-SAMPLE.GIF
※手賀沼や印旛沼周辺の里山中心コース

 このシステムでは関東一円の古地図が閲覧できますが、そのままでは狭い範囲でしか使えないのでダウンロードしては精密な張り合わせを繰り返し、まずは基本地図データを作成。

 基準座標を取得してから GPS 受信機に転送するために、カシミールへビットマップ地図として取り込んだ後にマップカッターで、100 個以内(GARMIN カスタムマップの仕様。1 画像は 1024x1024 画素以内)のタイル・マップとして最終的な地図データ(KMZ ファイル)を作成しました。

 原図の誤差が 150m 程度はあるとのことで、小道などは若干ズレが生ずることもありますが実用範囲です。

 この時代の地図は江戸時代の面影を色濃く残しており、著名な街道筋は一目瞭然ですし下総の国では有名な「野間除けの土手」も記入されているので、野間土手マニアにはたまらない地図ではないでしょうか!?^ ^;。

 この地図を表示させて当時から存在する道を走っていると、なんとも不思議な気分でイメージ・トリップできてしまいます。

 当時は建物の数が極小なので旅籠や商家、豪農(長者どん)、村名主さんといった古くからある建物、神社仏閣、破壊されていなければ城郭なども地形とともに、きちんと記入されているので史跡巡りにも最適ではないでしょうか。
posted by 昔は東通工 at 09:48 | Comment(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

4K 待望論に感じた違和感

 プロ?の書いた記事を批判するのはなんですが、書かせていただきます^ ^;。

 どこぞで 4K 待望論的な記事を目にしました。それ自体大筋では「ああそうだな」、と合意できるものでしたがどうしても納得行かない点が。

 それは現状のあまりにも出来の悪い(いっそのこと不甲斐ない、とでも言うべきか)FPD の問題を、フォーマットの問題にすげ替えていた点。
 4K の良さは認められてしかるべきですが、現状の HD コンテンツに関して誤解があまりにもひどく、要約すれば下記の通りです。

・4K の 60P に対して…

▽HD はインターレースなため現行 PFD では、走査線方向に必ず補完がかかる
※当該記事では他に、スケーリングによる補完に関しても言及していたが…

 ここですよ、ここ^ ^;。これは単にとくに LCD に適さないといわれる処理である、インターレース方式の補完処理を差しています。
 しかし、ヘンテコな IP 変換処理はなくても実は表示自体はできるので、フォーマットの問題ではないと言う点(放送用では IP 変換を切れる LCD モニタがあります)。

 ようするに CRT 並みに反応速度が十分速く、自発光で階調/多色表示にトリッキーな手段の必要のない、マトモなディスプレイ・デバイスであればなんら問題ない事項ばかり。

 ”マトモ“なデバイスなら、インターレース画像をつまらぬ処理で劣化させずに表示できるわけで、CRT しかり OLED もまたしかり。本質を解っていない、と僅かでも感じさせてしまった点が違和感の原因なのでしょうか。

 当該記事のライター氏はそれを知ってかしらずか、そこまではさすがに解りかねます。それにしてもこの論調、どうしても違和感を拭いきれない昔は東通工なのでした。


 もっとも、現行のあらゆる意味でインチキ補完しまくりな、ねつ造画像ばかりでてくる LCD テレビであっても、アップ・ショットの視聴に耐えない内容/被写体が多すぎるので、もう勘弁してほしいものですが・・・┐(´ー`;)┌。これ、CRT ならキモさ倍増。

 いや、16677216 倍になること受け合い♪。人によって不快感、嫌悪感などを覚える被写体等の定義は様々ですが、否応なしに見せつけられてしまうテレビ故の問題、とも言えましょう。

 エロ・グロに拒絶反応してしまう人、私のように森羅万象、美しいものだけをより美しく楽しみたい人、十人十色。
 リアルすぎてもちょっと問題。4K デジタル・シネマシステムとしてならアリですが、そんな疲れちゃうテレビなんか誰も見たくありません(o゚v゚)θ⌒[4KTV]。
posted by 昔は東通工 at 19:29 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
雑記や小ネタ、本家サイト記事の補足など等

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。