2013年09月18日

Ai-50mm F1.4S のヘリコイドをグリスアップ

 一年ほど前、放熱器用のシリコングリスでごまかした NIKON Ai-50mm F1.4S のヘリコイドグリスですが、寒くなる前にきちんとしたグリスで補修してみました。

★もちろん!? Ai 50mm F1.4S で撮影
M1.JPG
※下記 URL で購入したヘリコイド用グリス(白色容器)。
 粘性が選べるのもこれまた嬉しい
http://www.ne.jp/asahi/discoverphoto/co/dpc/Forrepairtool/grease.htm


 信越シリコン製のシリコングリス(放熱器用)をご存知の方なら解ると思うのですが(いるんかい)、寒いととてピントリングがとても重くシャッター・チャンスを逃しかねないような感じでした(ボカスカ)。

 ついでなので内部にある 2 カ所ある溝の擢動部(ピント調節機構)にも、プラを冒さない系の高級?なオイルをさらっと塗布(シリコンオイルなどでもよいでしょう)。今回のグリスアップと相まってピントリングが非常にスムースになりました。

 もう 24 年目(中古で入手したので正確な使用年数は不明)に入ろうかというボロなので、若干のガタはあるものの素早くピタっとピント合わせが出来るのはやはり嬉しいものです。

 というわけで、動体を撮るときも置きピン一発勝負の昔は東通工でした(AF レンズ持ってませんから〜、残念!)。


  ★'14/08/07 追記


 下記サイトに同レンズの分解・組立の様子が、写真と共に詳細に書かれておりとても参考になります。

 グリスアップは本当にレンズをバラバラにしなければならないので、それなりの覚悟が必要です^ ^;。
 また、ヘリコイドは大きな溝(ピントリング側)のものと、非常に細かいサブ(距離指標環側)との二カ所があり、両方とも同時に行う必要がありますので注意して下さい。

http://katteni80.blog133.fc2.com/blog-entry-300.html
posted by 昔は東通工 at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
雑記や小ネタ、本家サイト記事の補足など等

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。