2013年12月07日

旧街道・史跡巡りに古地図を活かす

 すっかり更新を怠っていました(超ボカスカ)。

 私は街道マニアというほどではありませんが、ポタリングがてらに江戸時代の旧街道沿いなどを散策しつつ、たまたま目に付いた史跡や地図上で発見した名所に、随時立ち寄ったりしています。

 そこでいつも活用しているのが、「歴史的農業環境閲覧システム」で公開されている明治時代の古地図。そのままでもスマホなどがあればある程度、外出先でも見ることができますがあくまで、PC 用サイトのため様々な難点があります。

 例えば、操作がマトモにできなかったりそもそも電池がもたない、晴天下では画面がよく見えない、などなどあげたらキリがありません^ ^;。

 そこで以前軽くご紹介したように、GARMIN(ハンディ GPS)の背景地図として使いたい範囲をタイル・マップとしてデータ化し、史跡めぐりなどに活用しています(根気はいりますが作成自体はごく簡単)。

古地図サンプル.GIF
関宿城趾を含む古地図サンプル

 現在まで都区部や、田舎くさい場所のポタリング用を地域別に数種類、それぞれ数十 km 四方のタイル・マップとして作成し使い分ける形です。
 地図自体は明治初期から中期にかけ、近代測量によって作成された物なので丁寧につくれば、ひどい誤差はありません※。

  ※古地図自体の誤差が 100〜150m 程度はあると言われている

 公開されている古地図もいつの間にか鮮明になっていたりするので、以前作った範囲のタイル・マップでも再制作したことがあります。実際、最大縮尺付近まで拡大するとまるで鮮明さが異なっており、細かい潰れ・かすれが改善されているため、等高線や家屋の様子、特に地名などを示す文字が見やすくなっているのがポイントです(当然旧書体)。

 またダウンロードした古地図はそのままですと、コントラストも低く輪郭があまい上に変色も激しいので、半透過型 LCD という比較的低画質な GARMIN のディスプレイ用に、最適な画像加工を施して見やすく工夫しています。

  ※具体的には黒潰れせず最大限コントラストがあがるような加工、輪郭補正等

 先日とある有名史跡である某本陣を訪れたのですが、その付近一帯の明治中期と思われる”紙“製古地図が資料として掲示されていました。

 手元のハンディ GPS と寸分違わぬ紙地図(アタリマエ)に、しばし感激して眺めてしまいました^ ^;。

 普段活用している古地図には、水涯線・道路・鉄道をオーバーレイさせた状態で作成し、知らない街を通常走行時している時でもそこそこ使えるようにしてあります。

 古地図通りにどんどん走っていくと(ところどころ国道などで寸断されていますが)、とにかく古めかしい商店(またはその跡)や神社仏閣はもちろんのこと、城趾や先にあげたような本陣などかならず史跡に出くわします。

 古地図+ハンディ GPS でポタリングの楽しみがまた一つ広がったような気がします。
posted by 昔は東通工 at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

明治時代の古地図でイメージトリップ

 最近気づいたら我々の血税を使って、下記のようなサイトがオープンしていました^ ^;。

http://habs.dc.affrc.go.jp/index.html

 これは明治初期から中期にかけて、近代測量により作成された地図をデータ化したもので、比較的軽い動作で閲覧できます。
 また検索するとすぐわかりますが、ぐるぐる・アースにもネットワークリンク(レイヤの一部)として表示させることも可能。

 眺めているだけではつまらないので、さっそく私がよくポタリングする範囲の地図をダウンロード/加工し、ハンディ GPS 受信機に転送してみました。

ポタ用古地図-SAMPLE.GIF
※手賀沼や印旛沼周辺の里山中心コース

 このシステムでは関東一円の古地図が閲覧できますが、そのままでは狭い範囲でしか使えないのでダウンロードしては精密な張り合わせを繰り返し、まずは基本地図データを作成。

 基準座標を取得してから GPS 受信機に転送するために、カシミールへビットマップ地図として取り込んだ後にマップカッターで、100 個以内(GARMIN カスタムマップの仕様。1 画像は 1024x1024 画素以内)のタイル・マップとして最終的な地図データ(KMZ ファイル)を作成しました。

 原図の誤差が 150m 程度はあるとのことで、小道などは若干ズレが生ずることもありますが実用範囲です。

 この時代の地図は江戸時代の面影を色濃く残しており、著名な街道筋は一目瞭然ですし下総の国では有名な「野間除けの土手」も記入されているので、野間土手マニアにはたまらない地図ではないでしょうか!?^ ^;。

 この地図を表示させて当時から存在する道を走っていると、なんとも不思議な気分でイメージ・トリップできてしまいます。

 当時は建物の数が極小なので旅籠や商家、豪農(長者どん)、村名主さんといった古くからある建物、神社仏閣、破壊されていなければ城郭なども地形とともに、きちんと記入されているので史跡巡りにも最適ではないでしょうか。
posted by 昔は東通工 at 09:48 | Comment(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

存在しない補修部品・その後

 以前、自転車ペダルにある樹脂製のキャップ(ベアリングを保護している)をインチキ製作し、補修しましたがその後 500km 弱走行しても問題なく使えていますヽ(´ー`)ノ。

 とくに走行中徐々に外側へはみ出してきて、外れそうになるなどの不具合もなく今度こそ?、長く使えそうな感じ♪。

PS-CP.JPG
補修後のキャップのようす。一見、純正ぽく見えるのもナイス^ ^;

 運良くサイズの近い部品が見つかったから良かったのですが、補修用部品が存在しないからといってあきらめなくて良かったと思います。

W-CP.JPG
利用した蛇口アダプタ。色の付いたキャップ部のみを加工した。
posted by 昔は東通工 at 00:16 | Comment(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

枝豆ツアー^ ^;

 毎年 6 月半ばくらいから枝豆が出回るので、農家の直売所巡り頻度が高まります。

 ポタのついでにチェックしたりわざわざ、枝豆確保のために数十 km 走ったりとにかく安くてうまいと解っている、”定番直売所“はポイントが高いです。

 店頭に並ぶものは収穫から 1 日程度経っていますから、食感・甘さも直売所のものがサイコーヽ(´ー`)ノ。

 残念ながら?麦酒は飲みませんが(苦くてダメダメ)単なる、贅沢なおかずとしていただいております。

 ものの本?によると豆を茹でる際の水に対し、塩分 4%(重量比)のとき甘みを最大限感ずるとありますので、この比率で塩を用意し予め適当な量を塩もみしてから茹でると、より美味しくなります!!。

 国産大豆高騰の折り、安くて美味しい枝豆は本当にありがたいもの♪。

 やはり枝豆ツアー、やめられませんねぇ。
posted by 昔は東通工 at 09:52 | Comment(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

存在しない補修部品

 またしてもチャリンコネタです^ ^;。構造にもよりますがペダルのベアリング部にある、樹脂製のキャップが何らかの拍子に外れてしまい一年ほどが過ぎています。

 これは各メーカや品種ごとにちがうらしく、補修部品が用意されていない難儀なものでなくした当初は、ひろった普通車のクランク・キャップを加工して急場をしのいでいました。

 ポイントとしてはペダル内部のベアリングを固定しているナットや、スピンドル軸に触れないこと(スムーズな回転を妨げないため)、外部への出っ張りは最小かつキャップ表面の縁には、テーパーがかかっていること。

 これはペダルを強く踏み込んだ際など、ペダル踏面とキャップの縁サイズが一致していると、靴底のちからがキャップ側にかかり容易に外れる可能性があるため。従ってキャップの縁の外径はペダルスピンドル外周より、僅かに小さくなければなりません。

 最初に急場しのぎでつくったキャップは一年ほどもったのですが、先週ポタから帰ってくると奇麗に無くなっていることに気づきました┐(´ー`)┌(きついテーパーをかけたものの数 mm はスピンドルからはみ出していたような)。

 仕方がないのであまっていたハンドルバーのエンドキャップを加工して、テキトーに取り付けたところものの見事に一度のポタでまた外れて紛失(∩o゚v゚)∩。

 これでは安心して走れないので(内部に砂が侵入するとベアリングを痛める)、片側に残っている純正キャップの寸法を測りホームセンターで、代替品になりそうな部品を物色することに。

 さんざん探した結果、どうも蛇口のつまみ上部にはめるキャップがサイズ・形状とも近いことが判明。使えそうなものを買って帰ると残念なことに、僅かに 1mm ほどキャップ最大外径が足りず全体がすっぽりとスピンドルにはまる結果に^ ^;。

 それでもほとんどすき間が発生しない(多分 0.5mm ほど)ほどだったので、キャップの頭を残し細くなった噛み合わせ部の外周に約 1.5mm 厚のゴムを巻き、きつめにスピンドルにはまるよう加工したところいい具合でした。

SPIN-CAP.JPG
製作したキャップ。取り付け後数百 km 走行、今のところ良好♪

 ただし元の色がパステルカラーでいただけなかったため、黒く仮塗装し現在様子見です^ ^;。今のところ 400km ほど走った限りでは、すぐには外れそうもない感じ。

 振動や衝撃でゆるまなければこのまま使えそうです。純正のものも確か車止め様のものにぶつけた際、強い衝撃で外れたようなので本当に気を付けたいもの。

 購入した蛇口のキャップは 2 個セットでしたので、もし現在のものを紛失しても更に対策をして再度チャレンジすることも可能です。こんなことでペダルそのものを交換するのでは、あまりにももったいなですから!!。

 自転車はほとんどの通常部品が交換可能になっていますが、この手のスモールパーツは代替品すらないので本当に困っていました。
posted by 昔は東通工 at 08:53 | Comment(0) | ポタリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
雑記や小ネタ、本家サイト記事の補足など等

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。