2013年05月23日

いよいよもって手詰まりか

 「PC 遠隔操作」事件ですが、かなりの異常さを呈してまいりました(^_^;)。

 ”証拠裁判“と揶揄される我が国の公判において、K 察・検察側はろくな証拠も開示しないままだそうです(ありがちな黒塗りもあるとかないとか。戦時下の検閲でもあるまいし…呆)。

 もしかしたら同事件において K 察・検察側は、ロス疑惑のときのようなアクロバット的?な法適用の準備でもしているのでしょうか!?。

  ※ロス疑惑→故・三浦和義さんの関わったとする、
   米ロス銃撃事件において我が国初の国外犯が適用された。
   公判においても同人を有罪にするためとしか思えない、
   恣意的な手段ばかりが目立った異常な事例

 残念なことですが我が国の公判において、検察も実質的には被告を”罪人“に仕立て上げるためにあるようなものですから、法廷では被告をよってよかって悪人よばわりするのでしょうか(有罪確率を見れば結果的にそう見えても仕方がない。元来は異なるはずなのだが)。

 肝心の具体的証拠についても、アメちゃんにお願いまでしても確証を得ていない、と見えて K 察に関しては本当に手詰まり感が拭えなくなりました(ボカスカ)。今頃上層部のメンツをたてるために必死になっていることでしょう^ ^;(爆っ)。

  ※K 察のリーク情報を喜んで垂れ流すマスコミも世論操作に利用されている

 初動捜査においてインターネットの常識をほぼ無視してしまった結果とはいえ、(理由や背景は異なりますが、HD 化以降のテレビ屋も似たような状況と末路をたどっているような気がします)つまらない上層部のメンツのためだけに現場へのしわ寄せが、これ以上ひどくならないことを祈るばかりです…。

 私が個人的に知る事件捜査を扱う K 察官は、いつも疲れた眠い目をしていつも明け番のとき小さなアパートへ帰宅していました。


 そして今回の「PC 遠隔操作」事件被告が、本当に無実であるのならば重大な人権問題に他ならないので、”公判“における真実ではなく(少なからず検察官の脚色が入るので^ ^;)、被告本人にとっての「真実」が明らかにされることを願って止みません。
posted by 昔は東通工 at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

失速機・墜落機を”テロ?“呼ばわりとは…

 笑止です^ ^;。

 先日の B4 貨物機墜落事故(アフガニスタン)で、なぜか原因もわからないうちから無責任に「テロか?」といったあほくさいテロップを流すテレビ局がありました。

 わたしのような似非ヒコーキマニアでも、一目見ただけで失速しているだけだと解るし被弾した様子もまったくない。
 よくも裏もとらずに「?」をつけただけのインチキ情報をながせるものです(ノv゚o)。

 もうゴシップ・タブロイド紙か、週刊誌以下…。

 こんなていたらくからテレビなんかっ、て見向きもされなくなるんですよ。もしテレビを見ずにいられない、というのなら思考停止(あるいは日本政府純正・紙巻き式乾燥葉っぱ中毒)なのか、認知症状があるのか、はたまたなにかのビョーキ!?(自爆っ)。

 ま、昔からテレビを付ければ、朝からユーレイがでたり UFO が飛んだりしていたので大して驚きもしませんが。

 デジタル化以降、FPD テレビの普及と共にコンテンツの劣化が進んでしまい、もう手が付けられない状態。近年では新聞をとらない世帯が増えた、といいます。

 その一方で、様々な理由によりテレビがない世帯も単身者などに増えている、というのも頷けます。

 なにしろ ALL IN ONE な 録画 PC だけで、テレビ・録画・ネット・音楽・SNS 他、なんでもこなせますから。リアルタイムで見るのは時間の無駄だと言う方もいらっしゃいます。

 さあ、テレビを消して夜空を見上げてください。ステキな星空があなたを待っています♪(ボカスカ)。
posted by 昔は東通工 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

数字マジック!?。いいえ違います^ ^;

子宮頸がんワクチンの副作用について、重篤事例があったという記事がマスコミやネットニュースに踊っています。そして、そのありがちな反応も…。

  >6,635,000 人中 956 人に副作用(元記事より数字のみ引用)

 記事から単純に計算できる副作用は 0.000144084%。ワクチンの効果とでトレードオフを考えるべきでは。感情に流されてはダメ^ ^;。

    ※6635000/956≒6940.376569 分の 1
      1/6940.376569=0.000144084%
   ▽愛用の関数電卓の都合上、小数点 7 桁未満切捨 f^ ^;

 「わり算ができない」とかいう症例も記事にあったが、わり算が出来ないのは記者のほうでは・・・^ ^;。

 比較対象もなく闇雲に怖がるのは良くないので、正しく怖がりましょう。

 元記事を書いた記者はワクチンの意味と原理もきっと理解していないような気もします(推測ツッコミ!?)。
 記者もアナウンサーやキャスターも、大概は病原菌とウイルスの区別もつかないことが多いのも、大問題なわけですが(ボカスカ)。

 インフルワクチンとの比較記事についても、あくまで経験的な証言として一桁程度高い、といっているだけで統計ではない。思考停止とは恐ろしい…┐(´ー`;)┌。

 それから老婆心ながら女性の場合、病原体も相手からもらうことの方が多いのをもっと知って欲しい。


・確率論無用の射幸心…^ ^;

 話題を少し変えましょう。確率の話が出たついでに、こういうのも理解できない人が宝くじ(買えば買うほど損をする)に群がるのだろうな…、とつくづく感じさせられます(爆)。
 寺銭をいくらお布施しても、夢なんかほとんど買えませんからネ(∩o゚v゚)∩。

 そこで射幸心を煽られてしまう人の特徴を分析すると…(ボカスカ)。
 
 自動車事故に遭遇する確率やお年玉年賀ハガキ(お年玉切手)の当選確率と、宝くじの当選確率との甚大な乖離を勘違いできる(したい?)人が多いようです(ホンマかいな)。
 このあたりは、わたくし的には人間的だなぁと感じてしまうのですが。

 しかし現実問題として、夢だとか買わなければ当たらない、とかいう確率論そっちのけで低レベル(失礼!)な理由をあげて自分を納得させている、散財ギャンブラーのほうが多いというのがなんとも・・・。

 射幸心を煽る、という商法が江戸の世からはびこるのは世の中それでたんまり儲けている連中がいて、それに群がる連中もこれまたそれ以上にいるのもまぎれもない事実ですから。
 少し考えるだけでもこれだけで、ものすごい経済圏ができているわけです。

 近年大問題になった大人もハマるネトゲも同様。恐怖心を煽る、という商法も古来よりありますがこれについてはまた後日にでも。

 とにかく散財するのは勝手なのですが、わたくし的にはそれなら他にまわした方がよほど、シアワセになれるのになぁ・・・と射幸心をほとんど理解できない、昔は東通工なのでありました。
posted by 昔は東通工 at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

ゾンビ政権^ ^;

 ついにニッポンの国民がバカであることが全世界に証明されてしまいました(超ボカスカ)

 なぜならば砂塵と化したかのように見えた、某政党がゾンビパウダーとブゥードゥーの呪いの儀式により復活してしまったから(さっぱりサラダ。わけわかめ)。

 アメちゃんの後ろだてて(いわゆる裏工作)で戦後第1党にのし上がり、独裁を続け我が国をなんちゃって民主主義国家にしてしまったあそこです(ノv゚o)。だめだこりゃ(いかりや長介風<古すぎっ〜)。

 政治家にとってみれば国民など、納税だけしっかりしてバカなほうが、向こうには都合がよいので祝杯をあげていることでしょう。こんな茶番 NORTH KOREA の国名(中身と正反対)と良い勝負ですヨ。

 ニッポンを実質的な”社会主義“(とくに組織内において、という意味だったのかも知れませんが)だとおっしゃっていた、中村キョージュ(青色 LED 発明者)の真意が良くわかったような気がした、バカじゃなくてアホな昔は東通工でした^ ^;。
posted by 昔は東通工 at 06:15 | Comment(0) | ニュース・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

NORTH KOREA のロケットを検証

 久々に大量のサイト更新で疲れ果てている昔は東通工です^ ^;。

 先日 12 日朝に何らかの人工衛星を、地球周回軌道上に投入することに成功した NORTH KOREA のロケットについて、簡単に触れておきましょう。

  ※形状・機能・目的とを問わず、北米航空宇宙防衛司令部
   では衛星カタログとして軌道を補足・追跡している。
   もちろん片手間にサンタの追跡も^ ^;。

 今回はなぜミサイルではなくロケットと書いているのか、と言えば実際に軌道投入に成功した経緯から。
 今年春のように打ち上げ直後に、指令破壊されて検証のしようがなかったものとは、判断材料となりうる情報量が全く異なるのです。

 以前もロケットと弾道ミサイル技術は紙一重だ、と書いた気がしますが今回はフェアリングの落下予告通達が予めあったこと、そして実際に落下が確認されているようだということから判断(きちんと報道されているのか疑問)。

 SOUTH 側が立て続けにロケット打ち上げに失敗しているのとは対照的でしたが、なんといっても十数年前のノドンのときとは明らかに異なるのがポイントでしょう。

 あのときは軌道要素の公開もへったくれもない、ただの明白なプロパガンダに過ぎなかった”エア衛星“だったわけですから┐(´ー`)┌。
 しかし今回はきちんと、宇宙ゴミから衛星や ISS までを補足・追跡している NORAD から情報(既述の北米航空宇宙防衛司令部=NORAD)が公開されています。

  ※宇宙飛行士の落とした工具から廃棄衛星まで地球周回
   軌道上の物体を全て追跡している(大きさには下限有)

 いつも ISS の目視予測に使用している Orbitron でも、TLE-NEW という軌道要素ファイルを開き「2012-072A」という物体^ ^;を選択すれば、リアルタイムに”衛星“の位置が^ ^;。

 ただ大して高度な機能を持っていない原始的なものと思慮されるため(ボカスカ)、ビーコンはおろか管制すらおぼつかないというのが実状ではないでしょうか。

 公開された軌道要素から高度約 500km 前後の、ほぼ円軌道で地球の極を通って周回するようなものであることがわかります。

 よくある地球観測衛星や初期の航法衛星(NNSS)と似たような軌道、といえばわかりやすいでしょうか。


 閑話休題。NORTH とは対照的に打ち上げ失敗続きの国のお話を・・・。

・FPD テレビの世界市場冬の陣

 かつて開発国のアメちゃんがその物性(粘性が高いため反応速度が遅すぎた)から、TV には絶対使えないとまで言っていた LCD を、FPD テレビの代名詞にまで昇華させた立て役者、といってもよいほどのシャープ^ ^;。

 この会社の屋台骨が揺らぐような経営不振にまで発展した、国内の家電業界大不況。

 思い返せば”※FPD テレビ戦争“で SOUTH KOREA 側にコスト負けした我が国ではありますが、ロケットすら満足に打ち上げられない国にボロ負けしていたとは、これまた情けないぢゃありませんか(ノv゚o)。

  ※かつての”電卓戦争“のパクリ

 同じアジアの友人である隣国にケンカを売る気は毛頭ありませんが、なんとも腑に落ちないのは私だけではないでしょう。

 我が国も、数十年前までは新興国から研修にきた連中に、「どうしたら日本のようになれますか?」、とよく質問されたそうですがそれも今は昔。やはりお人好しが過ぎるのもどうかと思うのです。

 隣国の南北問題は東西冷戦の名残(あるいは歪み)、といってしまえばそれまでですが我が国にも責任の一端はあるとも言えるでしょう。

 この期に及んでも相変わらず政治的内戦に精を出している、どうしようもない国内政治を蚊帳の外から眺めていると、どうしてもいろいろと考えずにはいられないのでした。
posted by 昔は東通工 at 20:15 | Comment(0) | ニュース・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
雑記や小ネタ、本家サイト記事の補足など等